東京ビッグサイト展示会 受付のお手伝いは苦手な接客

2022年6月26日日常のいろいろ雑記

今年も、6月22日(水)〜24日(金)の間、大型展示会が開催されています。

各社が自社製品や技術などをより多くの企業や団体などに知ってもらう機会として、可能性が広がるチャンスが期待されるイベントですね。

そこで、ブースの受付をと声がかかったのがつい3日前。

受付にいて、必要であれば名前などを頂戴するだけで良い、とは聞いたものの、私もこうした展示会、回る方は何度か参加させられたので、受付なんていうものは存在しないのは知っている。

断っても良いけど、ちらっと面白そうと思ってしまったのと、知人の夢がかかった場ということで、受けた次第。

躊躇った理由その1

引っ越しを繰り返し、国を変え、地域を変え、職を変え、大人として一枚は持っているはずのものが、全然揃ってなかった我が家。

ようやくここ2年くらいで、黒スーツに礼服、ヒールのある靴・・と、徐々に揃えていった感じなのですがー

今回必要なのは、白シャツと、黒パンツ!!

まぁ、黒パンツは何となくスーツっぽいのがあるから良し。

ただ、白シャツが、、、ない!!

逆に上下スーツと言ってもらえれば助かったのだけど、とりあえず白シャツということなので、急いでユニクロに走る。

「服なんてTPOさえ守れば、似合うもので良くない?」と正直思うものの、そこまで強い意志やこだわりがないのが困りもの。

結局言われた通りにする。

それに、一度誤魔化せても、またしばらくしたら必要になる、というのがこれまでのパターン。

白シャツは普段でも着れるから良っか、と思って、出費3000円。

躊躇った理由その2

もしかして、専門知識がしっかり頭にあって、ある程度自分で対応できるのであれば、接客もそんなに大変じゃないのかな?

でも世間には、ちょびっとの知識だけで、説得力のある説明ができたり、情報処理能力とか理解力、応用力や常識的な考え方があり、やけに上手に交渉できる人もいる。

接客時代、それなりにそつなくこなしてはいたと思う。

けど、もう、「口から先に産まれたねなんてよく言われるの」と自分で言ってるような同僚とは、やっぱりお客さんの信頼度や満足度、貢献度、会話の盛り上がり具合、ぜんぜん違いましたからね〜

やるかやらないかの決定基準

やるかやらないか

受けるか受けないか

そういう基準って、難しいですよね。面倒くさがり、人見知り、心配性、の私は、どちらかというと「やりたくない」がいつも基本にあります。

でも、本当にやりたくないのかと言うと、そうでもない場合もあります。

やりたくない=いや

じゃなくて、

やりたくない=失敗が心配/自信が無い

の場合があるので、あれこれ考えず、とりあえず自分が「少しでもワクワクしたらやる」ということに決めています。

そうすれば、あとから「やってみても良かったかな…」という後悔も生まれない。

反対に、まったくワクワクしない、全然やりたくない場合は、やらない。

無理やり突き動かしてみても、やりたくないものをやっても誰も幸せにならないと思うので。

東京ビッグサイト

そして、もう2日が過ぎました。

出来ないなりに、自分なりの精一杯でお手伝いをしています。

新しく出会った人たちの人の良さ。

事業を拡張しようという社長のバイタリティー。

どの企業からも伝わってくる自信や熱意。

あらゆる分野で多くの人が関わり、それぞれの視点から各々考えや可能性を考えながら努力しているんだなと改めて色々学び、そこに一瞬携われたことを楽しく思いながら、過ごしています。(一瞬だから良いんじゃないかって?たしかに、競争、商談…怖い😨)

とにかく、前へ前へと進もうとしている、何かと何かが合わさって、大きなものが動くような、エネルギーの場ではありました。

 

ゆりかもめから見た景色は、下からだとまた違いますね。圧倒される。だからビッグサイト?

ゆりかもめだと「東京ビッグサイト駅」りんかい線だと「国際展示場駅」どちらにしても、スケールが大きい。

1日目

2日目

さて3日目の景色は?

 

ということで、最後まで読んでいただきありがとうございました!

 

いつもありがとうございます。
以下のランキング参加しています!
よろしければクリックをお願いいたします。

人気ブログランキング