ソウル旅行 大都会を満喫 建大入口とA Twosome Place

2022年10月14日ほか地域カフェ,観光,韓国

A Twosome Place

韓国のコーヒーチェーン店A Twosome Placeで過ごす朝。

建大入口(コンデイプグ)のEmartの横にあるThe Classic 500というレジデンス兼ホテルの一階にあり、いつも多くの人が入っているカフェ。

パソコン作業をしてる人の率が高くて、長居もしやすい。

こういう店がひとつあると安心、と2日連続で通う、冒険心のない旅行者です。

ティラミス。

あら、最近シーキューブのティラミス食べた時のような手が止まらない感覚は、、ない笑

半分くらいで嫌になっちゃった。まぁそこは、お菓子ブランドとコーヒーチェーン店のお菓子の差がハッキリしたということで仕方なし。

 

それにしても、韓国の飲食も高くなったものだ。

と、知ってるようなことを言ってみる。

ケーキで6000ウォン以上はする。

建大入口(コンデイプグ)

建大というのは、このエリアにある大学の名前のこと。

そのため、学生の姿が多く見られ、近くには飲み屋街があったり。

ロッテ百貨店があるので若者じゃなくても楽しめる。

また今も再開発が行われていて、都会の遊び場でもあり、一方で多くのアパートが立ち並ぶ住宅街でもあります。

近くには最新のホットスポット、聖水洞(ソンスドン)もあり、観光客にもメジャーな場所になっても良さそう。

乗ってみたいけど登録とか面倒なのかな。

漢江(ハンガン)

遠くにロッテワールドも見えてます。

最近はこうして公園にテント張ってデートするのが流行ってるんですね〜

夜の建大入口

夜、駅周りの道は、ものすごい活気がありました。

飲み屋街だけど、会社員とかではなく、学生たちだらけです。

肩寄せ語り合ったり、騒いだりとがめたり、青春のにおいが渦巻く夜の街でした。

もちろん、ドキドキ歩いただけで終わりです笑

 

いつもありがとうございます。
以下のランキング参加しています!
よろしければクリックをお願いいたします。

人気ブログランキング