猿田彦珈琲池袋店 こだわりコーヒーよりも空間の心地よさ

2022年3月11日東京散策・グルメカフェ,東京

オフィスビル1Fの猿田彦珈琲で

経営者の話を聞くテレビ番組で、猿田彦珈琲が特集されていました。

2021年10月27日(水)には、愛知県一号店となる「猿田彦珈琲 名古屋 則武新町店」も開店しました。

名前は聞くけど直接行ったことはなかったので、興味津々で早速訪問。絶品ドリップコーヒーはバリスタが1杯1杯じっくり抽出するので、提供まで5分かかる。私はコーヒー通でもなければ、味がわかる人間でもないので、多分違いはわからないだろうと思ったけど、初めてのカフェを経験するのはどこであれ楽しいので、そのきっかけという意味だけで、池袋店へ。

ジュンク堂近く、西武池袋線の南口からすぐ、ダイヤゲート池袋ビルにあります。

ドリップコーヒーを注文。ブザーが鳴るまで席で待機します。よっぽど急いでいない限り、5分くらいはあっという間ですね。

調布の店とかは温かみがある感じですが、ここはビルの一角を区切って使っているような雰囲気。

奥の方にある座席は簡易的な感じで、一見落ち着かなさそう・・?

・・と思ったけど実際に座ってみると、薄暗さとオフィスビルのロビーのような落ち着き、柱で区切られたプライベート空間、周りの声が邪魔にならない天井の高さ、閉鎖と開放のバランスがすごく快適でした。

猿田彦ベーカリーブランドの「オキーニョ」のパンが美味しいと聞いたのですが残念ながら売り切れ。

写真はHPhttps://shop.sarutahiko.co/?mode=cate&cbid=2750364&csid=0より引用

コーヒーは香りよく苦味が少ないので飲みやすかったと思います。微妙な味の違いはわからないので、それくらいしか感想はないけど、おいしかったです。。

スタバ一人勝ちに抵抗したいといったお話があったと思うのですが、私はそのスタバにしょっちゅう行く方。わざわざ選んで行くわけではなく、近くになければ行かないし、あって欲しいところにあってくれるから行ってしまう感じ。

ロケーションに信頼性があるのと、気持ちをよくさせてくれる場所を嫌いにはならないので、また行くという。

私にとってはコーヒーの位置付けはメインではなくて心地よさを得るためのツール(良い意味)なので、心地のよさは最重要です。

こちらの店舗も、気持ちがよかったので多分近くに行ったらまた立ち寄るだろうと思います。

窓際の席からはたまに通る黄色の西武池袋線の電車が見えます。

営業時間
平日:8:00~19:00
休日:10:00~19:00

住所 東京都豊島区南池袋1−16−15

いつもありがとうございます。
以下のランキング参加しています!
よろしければクリックをお願いいたします。


人気ブログランキング