昔描いたイラストをアイビスペイントでせっせとデジタル化

2021年12月25日好き・おすすめ,日々のことおうち時間,雑記

本日は、手書きのイラスト→デジタル化することについて書いています。

ご興味ある方は読んでいただければ幸いです!

スマホのバッテリー交換にアップルストアへ行ったのですが、予約の時間まで30分ほどあったので、店内でウロウロしていました。

PCにiPadにスマホに、こだわりもなくアップルなので、それっぽく自分のiPhoneと比べて吟味してるふりしてみるけど、全然興味なくて、ただの時間つぶし。

でも、最近、昔色鉛筆で描いたイラストをデジタル化しようとしているため、ペンシルが使えるiPad が気になって、絵や文字を試し書きしていたら、予約時間になった。

バッテリー交換してマシになったのは確実なので、期待したほどの効果はなかったにしろ、5900円の出費は仕方ないと思うことにする。。

無料のアプリ、アイビスペイント

イラストを描くのにダウンロードしたのは、アプリの「アイビスペイント」

初めはスマホで使っていましたが、画面が小さすぎて大変。

今はiPadで使用しているので、画面が大きくて、描きやすいです。

ところで、そう、うちのiPadは古すぎてタッチペン対応ではないのです!なので、指で描いてます。アップルストアで使ってみたペンシル、試すまでは「そんなの無くても。」と思っていたけど、使ってみたら、欲が出ますね〜。

節約、我慢、しますけどね。まあ、指で描くのも味が出ていいかもしれません。

 

Left Caption

Ume

それはともかく、アイビスペイントは、使いやすいのに無料で、とってもありがたいアプリなのです!

 

写真に撮って取り込んだ手書きのイラストをそのまま使えば、簡単にデジタル化可能。

線の色を濃くしたり、消しゴムでいらない部分を消したり、色付けしたり、と微修正はできますよ。

私の場合は、手書きイラストそのままではなくて、バランスや雰囲気など絵自体を少し変えたいと思っているので、あくまでも取り込んだイラストは下書きとして利用、それをレイヤー上でなぞっていきます。

絵ができたら、お楽しみの色付け。

カラーの選択肢は無限にあるし、気に入らなかったら何度でも修正可能、手書きでは味わえない効率性ですね。

何パターンも作って、全部保存しておくこともできるし。

 

↓<初心者にもわかりやすく使い方を説明してくださっています>

【初心者必見!】デザイナーが教える |アイビスペイントの使い方~超入門~【ibisPaint/お絵描き・イラストアプリ】

 

実際にデジタル化してみた

何十枚と、色鉛筆で描いたものをしまい込んでいたのですが、どれもクオリティー低め。

それでも、せっかく描いたものだから捨てるのも何だかね〜。

手を加えながら、保存しておけば、いつか何かに使えるかもしれないしね。


こういうのを・・

こんな風に。


何かにイラストをプリントする時などは、背景なしが良い時もあるかと思います。

もし、背景なしで保存したい時は、最後に透過PNG保存をすれば一気に背景が消えるので、楽ちん。

おまけ

ところで、「Look straight ahead」と書いてはみたものの、

ネイティブじゃないので、ニュアンスがいまいちわかりません。

一応、調べて、「まっすぐ前を見る」という意味ではあるのですが、そこに「I」を入れた方が強さが表現できるのか。ちゃんとポジティブな意味になっているか。

そういうことを考え出すと、明らかな間違いであっても、「もしかしたら意図があってそういう表現をしているのかも・・」と弱気になってしまいます。

昨日デパートで見たこれでさえ「ひどい英語〜」と思ったあと、「いや、もしや意図が・・?」と自信なくなる私は、仕事できない人間確定ですね。

え、間違って・・る・・よね・・??

いつもありがとうございます。
以下のランキング参加しています!
よろしければクリックをお願いいたします。


人気ブログランキング