衝撃のミステリーサスペンス『Sharp Objects(シャープ・オブジェクツ)』感想

2021年10月14日my favorite & おすすめレビュー

Sharp Objects (ミステリーサスペンス)を紹介

英語で本を読もうと思っても、モチベーションがないとなかなか進みませんね。

勉強のためだと言っても、単語がわからないまま読み進めるとストーリーがわからなくなるし、じゃあ単語を調べながらと思うと、もう面倒でやってられない!という具合。

英語のレベルによりますが、私は一応英語は上級の方(と言えるかな、)ですが、それでも同じです。

よっぽど、普段から読み慣れていないと、本は母国語で読みたいのが当然。

どうしても読もうと思うなら、

・できるだけ薄い本

・あらすじが大体わかっている

・ストーリーに展開があって続きが気になる

を選ぶと、読み切りやすいと思います。

そして、短くても読めた成功体験があると、自信になって、他の本も読もう、となる気がします。

こちらで紹介した本は、比較的短く、読みやすいですよ↓

 

友人からもらって、なかなか進まなかった洋書が3冊。

やっと、一番右の薄い「Sharp Objects」だけ読み切ったのでご紹介させてください。

ドラマ化もされ、アメリカのケーブルテレビHBOで放送されて以降、日本でもスター・チャンネル、Amazonビデオ、U-NEXTで配信されたミステリーサスペンスです。

あらすじ

主人公は、どこか問題のある母親に育てられ、アルコール依存と自傷行為で精神を病んだ新聞記者の女性。

彼女には、同じく精神的に闇を抱えた姉妹もいます。精神病療養施設から退院した主人公は、近所で起こった少女殺人事件を追います。その事件では、被害者の歯が全て抜かれるという犯人の奇行がクローズアップされます。もうこの時点でストーリーが全体的に気味悪い雰囲気に包まれます。それぞれ問題のある家族の誰かが犯人なのか、それとも全然別の人間か。

犯人が誰か。誰でもあり得そうだけど、ぎりぎりまでわからない。最後まで緊張感のある内容です。そして、最後には急展開、衝撃の結末が待っています。

感想

本ではChapter Seventeen(17章)にわたりますが、1章終わるたび、ドキドキが増していきました。

GoneGirl (ゴーンガール)を書いたギリアン・フリンの処女作で、ゴーンガール同様に(こちらは映画で観ました)、いや〜な感じがずっとまとわりつくような、それでもやめられない中毒性のある本でした。

どちらも暗いけど惹きつけられてしまうテーマとスリリングなストーリーはさすがです。

主人公の母親が特に問題あり。そして妹も何だか気味が悪い。父親も変。事件の核心が、どんどん主人公の身近に迫って行く。

もっと、衝撃を、もっと、どんでん返しをちょうだい!でも、あんまり怖いのは嫌だよ!

というよくわからない心の感情を読み取ってくれたような、

衝撃の結末、そして、全てがわかった時の、ぞっとする衝撃・・!

英語なのでこれくらいスリル満点な方が読み進めやすいです。興味のある方は、読んでみてください。なかなか評価は良いですよー

 

後味の悪いイヤミスは、読んだり観たりした後に尾を引くので、ちょっとした後悔が押し寄せます。

「今後はもっと明るい、ためになる本を読むんだ!」と意気込むのですが、またしばらくするとついつい手に取ってしまうんですね〜。。

 

いつもありがとうございます。
以下のランキング参加しています!
よろしければクリックをお願いいたします。


人気ブログランキング