下町風情あふれる谷根千 根津神社のパワースポット〜谷中銀座商店街

2021年10月5日東京散歩観光

下町風情あふれる谷根千

下町風情の残る、日本の情緒あふれる谷中、根津、千駄木、通称「谷根千」。

地域によって違った雰囲気を見せる東京の中でも特徴的で、楽しいこのエリアには小さな可愛いカフェや雑貨屋などが多く、古くて新しい街で、多くの発見がある地域でもあります。

その中に存在する根津神社は地元の人だけでなく、海外からの観光客も多く訪れる人気の場所。

また、同じく谷中銀座商店街の夕焼け、昔の日本を思わせるノスタルジックな風景も多くの人の心を惹きつけています。

この日は東大前駅10番出口から降りて歩いて表参道の門へ。

そばには昭和の雰囲気漂うおしゃれ本屋さん「ツバメボックス」。並びには、可愛らしいカフェもあり、下町の香りがします。

Image Description

根津神社

根津神社は東京下町にある古社で、パワースポットとして人気のスポットです。

4月中旬ごろからは100余種3000株のツツジが咲き誇るつつじの名所としても有名です。

根津神社は今から千九百年余の昔、日本武尊が千駄木の地に創祀したと伝えられる古社で、文明年間には太田道灌が社殿を奉建している。

江戸時代五代将軍徳川綱吉は世継が定まった際に現在の社殿を奉建、千駄木の旧社地より御遷座した。

明治維新には、明治天皇御東幸にあたり勅使を遣わされ、国家安泰の御祈願を修められる等、古来御神威高い名社である。

1706年に完成した権現造りの本殿・幣殿・拝殿・唐門・西門・透塀・楼門の全てが現存し、国の重要文化財に指定されているとのことです。

詳しくはこちら↓

青青とした木々の合間から見える朱色が鮮やかで美しいです。

敷地内には乙女稲荷、千本鳥居、と見所も多く、広々としているため、小さなお子さんを連れた方がのんびりと遊んでいるのも結構見られました。

千本鳥居を少し腰をかがめながら歩いて行く。

今は難しいけど、インバウンドの方たちもきっと好きな感じだろうなと思いながら、静かな神社を神聖な気持ちで歩き、心が洗われたような気持ちになりました。

アクセス

  • 東京メトロ千代田線「根津」駅、「千駄木」駅より徒歩5分
  • 東京メトロ南北線「東大前」駅より徒歩5分
  • 都営地下鉄三田線「白山」駅より徒歩10分
  • 都バス上58「根津神社入口」より徒歩1分
  • 都バス草63「団子坂下」より徒歩5分
  • 都バス上60、上26「根津駅前」より徒歩5分
  • 都バス東43、茶51「向丘一丁目」より徒歩5分

谷中銀座

せっかくなので、根津神社から谷中銀座へ15分〜20分ほど歩いて行くのもおすすめです。

メディアやポスターなんかでよく目にしていて、なんとなくイメージはありましたが、想像通りの昭和な場所でしたよ。

到着したら早速おじさんの紙芝居が上演中、そしてその周りにたくさんの人が取り囲む様子は今ではなかなか見ない光景です。

古い商店街が姿を消したり変えたりする中、谷中銀座商店街は昔ながらの地元商店街といった面持ちで迎えてくれます。

最寄駅は、JR山手線日暮里駅。西口を出てすぐ、徳川慶喜公をはじめ、多くの著名人が埋葬されている「谷中霊園」があります。

駅から西へ少し歩いたら、それこそメディア等で有名な、夕日が綺麗に見える階段「夕やけだんだん」に出逢います。そこから見下ろす商店街は夕焼けに照らされ、ほんのり赤く光り始める灯が物悲しく情緒的です。

商店街には個人商店を中心に約60店舗が170メートルほどの通りに立ち並んでいます。

下町のよさがぐっと詰まった東京の谷根千、根津神社や谷中銀座の主要な場所もそうですが、普通の道でもなんとなく郷愁をさそうような、ノスタルジックな感じがあり、とても心地の良い場所でした。

アクセス

・JR山手線、常磐線、都営舎人線、私鉄京成線「日暮里駅」より徒歩5分
・地下鉄 千代田線「千駄木駅」より徒歩5分