面倒な韓国旅行準備2、Q-codeの事前登録で入国をスムーズに。

2022年9月27日How to & 体験雑記,韓国

面倒な手続きは今日も一歩前進。

K-ETAの申請許可が下りたので、次は、Q-codeの登録です。

Q-code登録

2022年9月3日から、韓国に入国する際の陰性証明書の提出が不要になりました。

ただ、入国後1日以内にPCRの検査を受け、結果をQ-code(検疫情報事前入力システム)に登録する必要があります。

 

PCRの結果を登録するのはもちろん、入国後ですが、Q-codeには事前にウェブで登録しておきます。

 

日本語ガイドはこちら

あまり詳細には説明してくれていませんが、入力項目は示してくれています。

 

①トップページにある「Go」から入ります

②国籍を入力

③規約に同意

④パスポート番号/Eメールアドレス入力

⑤パスポート情報入力

⑥出国地/日程/滞在先情報入力

⑦フライト情報入力

⑧健康状態のチェック

⑨「submit」を押すと提出完了

 

すぐに、QRコードがEメールに送られてきます。

空港でそのQRコードを見せれば、入国時の手続きがスムーズにできるとのこと。

 

着いた後は

ちなみに、入国後1日以内に受けるPCRの陰性証明書は、同じくQ-codeのホームページの

REGISTRATION OF POST-ENTRY INSPECTION」から登録します。

 

PCRの検査が受けられる場所はいっぱいありますが、普通は空港で、ということになるんでしょうね。

続きはまた・・

 

いつもありがとうございます。
以下のランキング参加しています!
よろしければクリックをお願いいたします。

人気ブログランキング