Netflix 息もつかせぬサスペンス 韓国ドラマ『被告人』がとにかくおもしろい!

2021年10月9日my favorite & おすすめレビュー

韓国ドラマ サスペンス「被告人」

Netflixで観たドラマについて書いておきたいと思います。

韓国ドラマ「被告人」が先日テレビで紹介されていたのでネットフリックスで観てみました。

結果、どハマりしています。

これまで韓国ドラマは色々チャレンジしたものの、途中間延びするものも多く全話視聴制覇できたものが少ないのですが、今回の「被告人」は1話1話展開があり、テンポも良いまま話が流れていくので、ハラハラドキドキしながら観ています。

全26話中まだ13話、先は長いですが早く続きが観たくてそわそわ

とりあえず、私の率直な感想

 

おもしろい!

犯罪が終わらない

めちゃくちゃやなー

刑務所の中の人たち、良い人すぎ!

もうちょっとやり方あるでしょー

検事さん綺麗な顔してはるなー

寝ないとダメなのに次が観たい!

 

まず主人公の検事が主人公(チソン)、1977年生まれなのにしわくまも無くて若すぎる。

「愛の不時着」のソン イェジンや途中で断念したけど同じくNetflixの「椿の花咲く頃」のコン ヒョジン然り、昔のイメージとほぼ変わっていないので、時代の概念がわからなくなってしまいます。

初めの方は家族を殺された主人公、そしてその頃の記憶が抜け落ちて思い出せないという、リアリティーのある悲劇の演技と共に話が進みます。

主人公の奥さん、娘、同僚、上司、助けを申し出る若手弁護士、義理のお母さん、などなど、魅力のある登場人物が多くて、ぐんぐん引き込まれます。

善悪がはっきり区別されていて、悪者はどこまでも悪者。

途中から悪がヒーロー映画の悪役キャラクターの悪魔かなにかに思えてきましたよ。

だからかわからないけど、悪役も憎めなくなってしまいました。

目を背けたくなるシーンもあまりないので、そういう意味での緊張感は少ないのでありがたい。

ドラマにありがちなご都合主義はちりばめられているけど、それでもストーリーとして上手く成り立っているので、気になりません。ちょっと、思慮が浅いように思う部分も色々ありますが、とりあえず飽きずに一気に13話まで来ましたよ。

 

あらすじ

ソウル中央地方検察庁の検事ジョンウは、愛する妻と娘、そしてやりがいのある検事の仕事と幸せな人生を送っている。ちょうど、殺人容疑でチャミョングループの副社長を追い詰めていた頃、そんな幸せの日々が突然終わる。目覚めると、刑務所の中にいた。罪は、妻と娘の殺人。証拠は彼の犯行を示していて、死刑を言い渡されたジョンウだが、記憶を失っているため、自ら本当に殺人を犯したのか、誰かに陥れられているのか、それすらもわからない。

そんな中でも、徐々に記憶を辿り、明らかになっていく真実。刑務所にいるジョンウの代わりに新人弁護士が足となり、真実を追っていく。切羽詰まった状況の中、善と悪の心理戦、せめぎ合いが続く。

スリリングなだけでなく、温かみのある人間関係、絆、コメディー的要素もあり、緊張と緩和があるので肩凝らずに観られるのも良い点です。

韓国では平均視聴率21.7%、最高視聴率28.3%と、その人気を証明したドラマ「被告人」、俳優陣の名演技にも注目です!

 

 

感想

ネタバレ含みます

14話以降も鑑賞し、最後まで観たので改めて感想です。

前半13話までと同じく、後半もぐいぐい引き込まれるまま飽きることなく観れました。

ただ、14話くらいからどんどん、ありえない展開、上手く行きすぎ、などツッコミどころ満載になっては来ました。

時々、呆れるレベルで(笑)。特に、ミノの危機感のなさというか、犯罪は重ねすぎだし、身バレもあちこちでしすぎだし、あと、手下の男の子は何人も手にかけてきた凶悪犯なのに、’話せばわかる’、もっと言えば’良い子’レベルの純粋さがある、そのキャラ作りの非現実さ!

そして、脱獄の時もそうだけど、刑務所の中の人たち、良い人すぎ!優しすぎ!というか、こんな刑務所だったら、みんな行きたがるんじゃない!?

あと、トラックはそんないつでもどこでもある!?

などなど・・

でも、それも全部、「ドラマだしね」と上手く自分をだましながら、そうすれば本当に楽しい、スリル満点のドラマです。

どんでん返し的なスカッとする部分もあり、後味良しです。

ラストは韓国ドラマらしく、’一人一人の現在’まで描いているので、もやもやもなく終われます。

子供が可愛かったな。

というわけで、全体的におもしろく、スイスイ観られたのでおすすめです!

 

いつもありがとうございます。
以下のランキング参加しています!
よろしければクリックをお願いいたします。


人気ブログランキング