Salomon(サロモン)のランニングポーチをレビュー!

2022年6月7日ランニング関連ファッション

やる気満々で外に出た日でも、色々な事情により、途中棄権することもある。

思いがけず3km(5分33秒/km)で終わりとなる日も時にはある。

それはそれで、責めない、悔やまない、落ち込まない

暑くなってきたので、そろそろ、水分補給を考えないといけない季節ですね。

私が愛用してるSalomonのランニングポーチAGILE250は、250mlの水を入れて走れます。

レビューとともに、少し紹介させていただきますね!

ランニングポーチ AGILE250

始めのうちは、ベルトってどうしても上へ上へ上がってくるので、いやだと思っていました。

でも、体力が付いてきたからか、慣れたのか、気にならなくなりました。

 

きつく締めると気持ち悪くなるので、私は緩めに装着しています。

ただそのせいか、ベルトが動くことによって、シャツがめくれ上がるので、途中からお腹が全開になるのが悩み。

長めのシャツを着るか、インすることによって、回避しています。

 

スマホは、ケースごと入れると、ぎゅっと押し込まないといけないので、出し入れは面倒くさい。

入るには入るけど、やはり、スマホケース無しで利用した方がしっくりきます。

普段、近所を走る時はスマホは家に置いておくので、スマホを入れるのは遠出する時だけ。

夫はリュック派だったのですが、最近こういう小さいポーチも手軽で良いなと言い出したので、Amazonでセール中の黄色を購入しました!

安いものではないけど、このハイドレーションボトルもセットで付いていることを考えれば良いお買い物。

サイズの調整も大幅に可能。

アジャストするにはここを引っ張ります。

  • 形状パーツ部分: 100% エチレン酢酸ビニル; 身頃下部分: 78% ナイロン, 22% ポリウレタン; 背面の切り替え部分: 100% ナイロン; 表: 100% ポリエステル; 前身ごろ: 100% ポリエステル; 裏地: 100% ポリエステル; 本体: 78% ナイロン, 22% ポリウレタン
  • 容量(リットル) : 0.74
  • 重量(g) : 90.0
  • 表地: ナイロン

 

たくさん物が入るわけではないですが、最低限のものは入るし、見た目も気に入ってます。

水分をしっかりとって、倒れないように気をつけたいですね〜

 

 

 

 

いつもありがとうございます。
以下のランキング参加しています!
よろしければクリックをお願いいたします。

人気ブログランキング