4分台で走ってみたら、見たことのない景色が見れた

2022年4月25日ジョギング関連ジョギング,雑記

Run記録

長く走る気分じゃない時は、インターバルっぽいことをして気分転換をすることも必要。

ということで、3kmを走った後、500mに設定して何本か走ってきました。

走った後に、ベストペースを見るのが好きなんですが、さすが短めに設定した効果。4分台続出!

もちろん、ベストペースなんで、一瞬の出来事だけど・・。

残念ながら、500mとしては、2分半前後という感じでした。

それでも、すごい速い!と、走ってて感じましたね〜。

手元の時計をチラチラ見ながら走ってたのですが、4分30秒を切った時とかは、自分の時計にはほぼ現れることのない数字なので、やっぱり体感としては全然違いますね〜。

道ゆく人も一瞬で追い抜く気がするし(大げさ・・)、速い人が通り過ぎていったとか思われそう(←誰も思わないか。)



冷静に考えて、100m30秒とかって遅いけど、もし100m走とかやったとして、それ以上出せる気がしないんですよね。

普段もラストスパート的なことはやってる(大したスピードは出ないけど)し、前に、坂道を100m全力で駆け上がったことはあるけど、平坦なところ、特にコンクリートで短距離走は怖くて試せない。

足がもつれそうだし、膝がピキッてなりそうだし。笑

短距離やりたければ、競技場みたいなところに行ってみれば良いのかな?

・・いやいや、短距離をやりたいわけではなかったんだった。

マスターズ日本記録では、40代女子はまだまだ100mを12秒台で走る年代らしい。

もとが違うから参考にならないけど。

私なんて全盛期(中学の時)でさえ14秒50とかだったのに。

スパイク履いたりして、名前呼ばれて手を上げたりして、歓声の中、主人公になったような気持ちになって走り抜けた競技場。

だいたい1回目の予選落ち、あるいは2回目で終了、でしたねー涙

決勝行くような子はいつも行ってて、他の学校だとしても常連の子同士は仲良くなっていて、才能というものを知った時でした。

 

いつもありがとうございます。
以下のランキング参加しています!
よろしければクリックをお願いいたします。


人気ブログランキング