40代女性の体感 ジョギングは体型維持 インターバルは痩せる

練習とか諸々雑記

3km+1kmx3

ベッドが気持ちの良い季節です。

特に夕方のベッド。包み込まれる幸福感、あえて、ダメ人間だーとか思わずに、人間に不可欠な安全の欲求だと身を委ねるのが大事。

この幸せを誰にも壊されたくない。

でも大抵、壊すのは自分。

 

結局、走りに出たくなって、走ってきました。

「あ〜こんなに気持ち良いのに!」と思いながらバサッと布団をはぎながらも、走った後のベッドがさらに気持ち良いことは知ってる。

 

予定は12kmだったのに、3km走った時に、「そんな長いこと走ってられるかー!」という気分になったので←そういう日が結構ある

潔くやめて、そのまま帰るのもあれなので、1kmx3回を息が上がるくらいの感じで走ってきた。

 

1回目 5分29秒

2回目 5分9秒

3回目 5分4秒

 

うん、我ながら大したことない。

でも結構ラスト100mはハー!ハー!言ってました。

人が少なかったので、聞かれたとしたら、ベンチに座ってるカップルと、後ろから追いかけてきたいつも走ってるおにいさん。

すっと通り過ぎていきました。

インターバルの効果

運動になったな〜

と思ってのほほんとしていたら、それで終わりじゃなかった。

翌朝、なんか体が薄い(笑)気がして、体重を計るとやっぱり体重も落ちてる。

 

有酸素運動がダイエットによいと言われるように、私も、2~3kgゆっくりゆっくり減量していきました。

でもそれ以降は、15km走っても、ハーフマラソン走っても、上下動なしの現状維持、という感じ。

そもそも、どれだけ走れば痩せるかというのも、人によるみたいですし。

 

チャーリー・セルツァー医師によると、ランニングで痩せられるかどうかを知る唯一の方法は、実際に試してみる以外にないとのこと。 「10分間の短距離走を週に3回行うだけで痩せる人もいますし、アイアンマンレースに向けて、週に80km走るトレーニングをこなしていながら、全く痩せない人もいます」

引用: https://news.yahoo.co.jp/articles/f963df7797f7566fd0826735e05242b53d5b29ce?page=1

 

あくまでも私の場合としておきますが・・

昨日みたいに、ダッシュと休憩のセットを取り入れた方が、体に変化が起きるような感覚があります。

お腹がどんどん減っていくような、そういう感覚。

 

ハミルトンが言うように、高強度インターバルトレーニング(全力疾走や坂道ダッシュなど)をするほうが、より効率的に減量しやすいと示唆している研究結果は多い。 実際に、中強度の有酸素運動(ジョギングなど)よりも、高強度インターバルトレーニングをするほうが、脂肪が3割以上多く燃焼されるそう。この理由は恐らく、運動後も脂肪が燃焼され続けるからだという。

引用: https://news.yahoo.co.jp/articles/f963df7797f7566fd0826735e05242b53d5b29ce?page=1

 

なるほどね、運動後に脂肪が燃焼され続ける・・

たしかにそんな感じ。

 

そして走りも速くなる、一石二鳥!

 

ダイエットが目的だとしたら、気長に続ける前提がないと、効果が出る前にやめてしまうのが目に見えてしまうジョギング。

だからもし痩せたいという友人がいても、無責任にジョギングを勧める自信はない。

けど、「レースに出よう!」とは誘いたい。

イベントとして楽しいし、目的があれば練習もがんばれるはず。

たまに、練習ゼロでレースにのぞむ方もいるみたいで、それはそれで体験話としておもしろく見させていただきますが、いやいや、やっぱりそれは無謀だしもったいない。。

でもこんな中途半端な人に「楽しいよ」と誘われても、本当?と思われそうなので、仮装して走れるくらいの余裕ができれば、←やらないですが

それも説得力あると思うんですよね。

 

走った後の綺麗な空に見惚れました。

 

それでは、読んでいただきありがとうございました!

 

いつもありがとうございます。
以下のランキング参加しています!
よろしければクリックをお願いいたします。

人気ブログランキング