コロナ禍での英検はどうなってる?TOEICと英検の試験会場について

2022年4月25日思い・学び雑記

コロナ禍での試験などは少し心配がありますよね。

私も多少の怖さはありつつ、今年6月に、TOEICと英検を受けてきました。

 

Left Caption
コロナ禍の今、会場はどんな雰囲気になってるの?

気になるところかと思います。

というわけで、コロナで制限されている今の会場の様子について書いておきたいと思います。

英語の試験会場の今

まず、英検。

英検は、普通に開催されています。

もちろん、マスク着用、消毒は大前提。

また、保護者の控室の用意はないです。

受験者は、当日自宅で、ヘルスチェックが必要です。スマホ等でログインし、質問に答えて、健康に問題ないことをチェックします。

完了画面を会場で提示することが必要です。

2次試験ではインタビュースタイルですが、ここでもマスクは着用となります。

ちょっと喋りにくい感じはしますけど仕方ないですね。

 

次に、TOEIC。

TOEICも開催はされていますが、受験者数を一定数に制限、その代わりに1日につき午前・午後の2回、テストを実施されています。

また、申し込みは抽選方式となっています。申請をした後、数日後に、「抽選に通りました」とメールが来ました。

当日は、検温をし、問題がなければ、受験票にチェックします。

抽選にもれた場合、コロナ感染のため受験できなかった場合は、返金が可能です。

 

それぞれの会場での感想

TOEIC会場では消毒をまず手に吹きかけられ、自己責任で部屋番号を確認の上、部屋で待機。

キャンセルが多かったからか、座席も悠々としていて、窓やドアは開放されていて、終始安心感がありました。

唯一の懸念は、顔確認の際にマスクを外さないとダメなことかな。

試験中も、少々気にはなるけど、スタッフの方がたまにドアを開けたりしつつ換気を気にしているようでした。もちろん、試験を受ける人たちも会話はなく、終始静けさが広がっていていました。

帰りも、階段を利用して、すんなり建物の外へ出ることができました。

 

英検会場では、まず会場入り口(建物の中)に受付の列があり、その後はエレベーター待ちのギュウギュウ詰めの長蛇の列。

1階には人がごった返していて、学生が多く会話し放題。

検温をしてきたかどうかは、個々で会場に来る前にチェックするのが義務となっているのですが、自己申告なのでちょっと信用できないのと、消毒も検温も指示なしでした。

「コロナ対策」として検定料2300円引き上げて、今や(1級の場合)1万2600円!の英検でこれ・・?と思うと、怒りがふつふつと・・

というわけで、どちらかというと、社会人が受けるTOEICの方がプロフェッショナルな印象を受けました。

 

おまけ それぞれの試験について

ただ、いつからか就職にはTOEIC、みたいになっていますが、個人的には、TOEICよりも英検の方が難しいと感じているので、英検1級には憧れがあります。

そんなに偉そうに言うのだからTOEIC満点か、と言われると全くそんなことはありません。

900点は越えているけど、満点は今の読解力では、あと10回受けても多分無理だと思っています。

それでも、実感としては、英検1級の方がやはり難解です。

まずは単語力がものをいいます。

写真にもありますが、この英英 英単語を何度も見返して、全て覚えるよう努力しました。

それでも、英検1級に出てくる単語の半分くらいしかわからなかったくらい。

ただ、半分くらいわかれば合格点には達することも可能なので、ちょっと合格に近づいたと実感しています。

そして何より、作文ですね。

時事問題を抑えておくこと、今回私が不合格になったのは、作文の題名を理解できなかったことにほかなりません。

時事単語がわからなかったんです。海外の新聞や、想像で補填できるくらいの知識があればどうにかなったかもしれません。

 

そんなわけで、TOEICだけ再度申し込んだのですが、ちょっと最近の感染者数増加を見ていると、キャンセルも視野に入れないといけないかな〜と迷い所です。もちろん、自己都合の場合は返金はできません。

 

今日の朝食

そんな、あらゆる所に影響を及ぼしている新型コロナですが、外食することが多かった我が家も、御多分にもれず、ほとんど外で食べることは無くなりました。機会があれば時間や店をちゃんと選んで入ることもありますが、”楽をするためだけの外食”はめっきり減りました。

そうなると、何を食べるかが毎日の課題。

最近、ダイニングのことを「カフェ」と呼んでいます。

それだけで気分が上がって、本当のカフェのように盛り付け頑張ってみたりと、面倒な食事の準備も楽しくなるから不思議です。

今は夜にランニングをすることが多いので、朝と昼にしっかりめに食べて、夜は軽い食事というのが日課。

走って疲れるとそこまで食欲が出ないというのもあります。

そしてやっぱり体重は少ない方が速く走れるので、食事制限は大切です。4月にランニングを始めて4ヶ月、それまですくすくと増加していた体重も、気づけば2kg減。お腹、腰周りの肉も、太もものぽてぽても、少し引き締まってきました。

2、3ヶ月は効果が目に見えなかったけど、4ヶ月目には自分で分かるほどの変化があります。

やはり何事も継続が大事ですね。